長谷川製茶

メニューお問合わせ

ごあいさつ

日本一の茶産地、静岡県牧之原でうまさにこだわり茶畑からお茶作りをしています。
ほんのり柔らかい香りで、濃厚な味わいが特徴の牧之原茶は苦渋味が少なく大変飲みやすいお茶です。
長谷川製茶では自前の加工工場も持っていますので、栽培から収穫、お茶製造及び加工、袋詰め、そしてお客様へ発送まですべて自社で行っております。

また、お茶以外にもう一つのこだわりとして「自然薯」も栽培しています。
もう40年以上も自然薯栽培をしており、試行錯誤を繰り返しながら、今のこだわり自然薯が出来上がりました。
生産者の声が聞こえる農家直送安心安全なこだわり茶・自然薯を皆様にお届けいたします。

茶草場農法から作られる牧之原茶

里山の昔ながらの風景を守り続けた伝統農法によって美味しいお茶が出来上がります。
また伝統農法によって生物多様性を育んでいます。

詳しく見る ≫

茶草場農法から作られる牧之原茶

長谷川製茶ではお茶のほかに自然薯の栽培もしています。試行錯誤を繰り返しながら、今のこだわり自然薯が出来上がりました。

詳しく見る ≫

茶草場農法から作られる牧之原茶

栽培から収穫、お茶製造及び加工、袋詰め、そしてお客様へ発送まですべて自社で行っております。こだわりがつまった商品をぜひご購入ください。

詳しく見る ≫

長谷川製茶

メニューお問合わせ

静岡の伝統農法茶草場農法とは?

長谷川製茶では、先々代から受け継がれているササやススキなどの草を刈り取り、茶畑にその刈った草・藁を敷き詰めて栽培する「茶草場農法」で茶畑を作っています。茶草場農法は茶畑土壌の保湿及び保温効果、土中の微生物の繁殖を助け土質改善向上、雑草の繁茂を抑制等の効果があり、そのひと手間が高品質なお茶を作り上げます。
静岡では当たり前の風景ですが、実はこのような農法は他ではほとんど見られず、静岡県の特徴的な風景なのです。

茶草場農法手順

1草を刈る
秋から冬にかけて茶畑周辺にある茶草場のササやススキなどの草を刈り取ります。

2刈った草を束ねる
刈り上げた草を紐で束ねていきます。

3乾燥させる(カッポシ)
刈って束ねた草を立てて2,3日乾燥させます。地元では「カッポシ」と呼びます。

4茶畑へ敷き詰める
乾燥させた草を茶畑に敷き詰めていきます。

世界農業遺産認定静岡の茶草場農法

【世界農業遺産とは】

衰退しつつある伝統的な農林水産業、文化風習、生物多様性などの保全を目的に、世界的に重要な農林水産業システムを国際連合食糧農業機関(FAO)が認定した制度です。

そんな価値ある認定を静岡の茶草場農法が2013年に世界から認められました。

先々代から受け継がれ、当たり前に行ってきた茶草場農法が多様な生物の生息保全に貢献しているのが確認されており、その伝統農法を次世代にも受け継いでいきたいと考えています。

茶葉製造工程 おいしいお茶が出来るまで

長谷川製茶では自前の加工工場を持っていますので、栽培から収穫、お茶製造及び加工、袋詰め、そしてお客様へ発送まですべて自社で行っております。

ぜひ生産者の声が聞こえる農家直送安心安全なこだわり茶をお召し上がりください。

茶葉製造の工程

1生茶
4月中旬頃から摘み取られた生茶

2揉捻
含有成分を浸出すしやすくするため、圧力を加えて揉んでいく

3精揉
茶の葉に熱と力を加えながら形を整えて乾燥させる

4合組
品種や蒸し具合等の異なる荒茶をブレンドする

5品質チェック
出来上がった茶の「品質・風味・色合い」をチェックしてきます

6完成
長谷川製茶こだわりのお茶が出来上がり

長谷川製茶

メニューお問合わせ

親子2代で作り上げたもう一つのこだわり「自然薯」

じねんじょ長谷川製茶ではお茶栽培と並行して、自然薯栽培も行っています。
栽培を始めて40年にもなり、その間試行錯誤を繰り返しながら、今のこだわり自然薯が出来上がりました。

種から出荷されるまでに約3年の歳月をかけて自然薯を栽培しています。
静岡県自然薯品評会では3等入賞もした程の出来栄え。天然に自生しているものと何ら変わらない程の出来のこだわりの逸品です。

出荷時期は11,12月が最盛期になりますので、ご贈答品としてもご利用ください。

静岡県自然薯研究会品評会受賞一覧



メールでのお問合わせ

長谷川製茶

メニューお問合わせ

親子2代で作り上げたもう一つのこだわり「自然薯」

長谷川製茶では自前の加工工場を持っていますので、栽培から収穫、お茶製造及び加工、袋詰め、そしてお客様へ発送まですべて自社で行っております。
ぜひ生産者の声が聞こえる農家直送安心安全なこだわり茶・自然薯をお召し上がりください。

こだわり茶ができるまで

おすすめのお茶商品

【商品紹介】
日本茶AWARD2016ファインプロダクト賞受賞茶。
品種改良を重ねて作り上げた長谷川製茶自信作の新茶です。
渋みが少なく、まろやかな味わいで独特な香りが特徴です。

日本茶AWARD2016受賞一覧
先頭へ

【商品紹介】
新茶の中でも特別に早く摘まれたお茶です。
旨みがギュッと詰まった旬の香りが特徴です。
大変希少で価値ある商品です。

先頭へ

【商品紹介】
「大はしり」を摘み取り、ほどなくした頃の若くて元気な新芽を摘み取って作った新茶です。
芽吹いたばかりの芳醇な味と香りが楽しめます。
大切な気持ちをお伝えしたい、贈答品としてどうぞ。

先頭へ

【商品紹介】
柔らかな新芽を丁寧に仕上げた新茶です。
その年に摘んだ新茶を秋に初めて飲むお茶を「蔵出し茶」といい、長谷川製茶では春には「摘みたて茶」、秋には「蔵出し茶」として販売しております。

先頭へ

【商品紹介】
八十八夜とは、立春から数えて88日目にあたる日のことを指しており、八十八夜に摘み取られたお茶は、古来より「不老長寿の縁起物と新茶」として珍重されて大切にされております。また、末広がりで縁起のよい「八」が重なることから、八十八夜は特別な日とされています。
そんな縁起を担ぐ意味合いも持っている八十八夜摘みをぜひお試しください。

先頭へ

【商品紹介】
味良し、香り良し、色良しと3拍子揃った家庭用におすすめな新茶です。
さわやかな濃い緑色でとろっとした深い味わいが特徴です。
あなたの食卓や一服タイムにいかがでしょうか。

先頭へ

【商品紹介】
立体的な三角型バッグに茶葉を入れているので、お湯を注いだ時にバッグがゆっくり揺れ広がるため抽出が良く、深みあるお茶が手軽に楽しめます。
もちろん冷水でもおいしく頂けるので、季節を問わず召し上がれます。

先頭へ

こだわりの自然薯

【商品紹介】
昔から漢方薬としても使用され、優れた健康効果が期待できる自然薯。とくに皮に風味と栄養が多く含まれているので、皮をむかずにそのまま擦りおろしていただくのがおススメです。

先頭へ
オンラインショップ

長谷川製茶

メニューお問合わせ

只今準備中です

オンラインショップは準備中ですが、
メールまたはお電話にて承っております。

長谷川製茶

メニューお問合わせ

会社案内・お問い合わせ

牧之原の温暖な気候に抱かれ、ゆったりと葉を伸ばして育った茶葉と出荷までに約3年の歳月を費やして大切に育てた自然薯をお届けいたします。

会社案内

長谷川製茶 フェイスブック インスタグラム
〒421-0503 静岡県牧之原市蛭ヶ谷367

TEL:0548-54-0919
FAX:0548-54-1113


お問合せ

メールによるお問合せはPCサイトのメールフォームからお願いします。

長谷川製茶

メニューお問合わせ

お問合せ

メールによるお問合せはPCサイトのメールフォームからお願いします。

長谷川製茶

メニューお問合わせ

長谷川製茶

長谷川製茶

メニューお問合わせ

静岡の伝統農法

茶草場農法

長谷川製茶

メニューお問合わせ

茶葉製造工程

おいしいお茶ができるまで